So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

オスロ警察殺人捜査課特別班 アイム・トラベリング・アローン [海外翻訳]


オスロ警察殺人捜査課特別班 アイム・トラベリング・アローン

オスロ警察殺人捜査課特別班 アイム・トラベリング・アローン

  • 作者: サムエル・ビョルク
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2016/12/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



オスロ郊外の森林の中で、六歳の少女の死体が発見される。
少女は木から吊され、首には「ひとり旅をしています」と書かれたタグが首に掛けられていた。

この奇っ怪な事件の捜査を任された老刑事ムンクは、昔の部下をメンバーに入れようとする。
その昔の部下とはミアという優秀な刑事だったが、今は警察をやめ、辺鄙な島にひとりで住んでいた。
彼女の双子の片割れの死に責任を感じて島に引きこもり、自殺することばかり考えていたのだった。


◇ ◇ ◇

北欧ミステリーってどうしてこうもおもしろい物ばかりなんでしょう。
最近読んだ中ではいちばん好きです。

特別班のメンバーがみな個性的でキャラが立っていますし、さまざまなエピソードが最後にはひとつになってすっきりエンディングを迎えます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0