So-net無料ブログ作成
検索選択

コンビニ人間 [和書]


コンビニ人間

コンビニ人間

  • 作者: 村田 沙耶香
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/07/27
  • メディア: 単行本



主人公の古倉恵子はコンビニで18年間アルバイトをしている36歳の独身女性。
周囲からはなぜ就職しないのか、なぜ結婚しないのかと突っつかれる。
突っつかれたら答えられるように、答えをいつも用意しいる。

小さい頃から彼女はどこか変わった少女で、「普通」のことができない。
コンビニの制服を着て、マニュアルどおりに動くコンビニならば働いていける。

そんな彼女の職場にひとりの男がアルバイトでやってくる。
彼はまじめに働かないばかりか、コンビニで働く人たちをバカにしていた。

では何故コンビニに来たのかと彼に恵子が訪ねると、婚活だという。
やがて恵子は彼にある提案をする。

◇ ◇ ◇

出だしはコンビニで働く人のエッセイみたいでしたが、白羽さんが出てくるあたりからすごく盛り上がってきます。

主人公は、「普通」になるように押しつけてくる周囲に悩みます。
確かにほっといてほしいと思うかもしれませんが、それが人間社会なのだと思います。
このままじゃ老後はどうなるの! と周囲は心配してくれているのです。

主人公はなんとか周囲が納得する形をとろうと努力するのですが、それが小説なのでびっくり仰天な形となります。
でも、誰でも多かれ少なかれ、周囲を納得させる体裁を整えているのではないでしょうかね。

いずれにしても、コンビニの店員さんて前からすごいなあと思っていました。
ひとりでありとあらゆることをこなさなくてはいけないですよね。
レジ打ちはもちろん、公共料金の支払いや宅急便を受けたり・・・・・・。
だから、この小説を機にもっとステータスがあがってほしいです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

その雪と血を [海外翻訳]


その雪と血を(ハヤカワ・ミステリ) (ハヤカワ・ミステリ 1912)

その雪と血を(ハヤカワ・ミステリ) (ハヤカワ・ミステリ 1912)

  • 作者: ジョー・ネスボ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2016/10/06
  • メディア: 新書



舞台は1970年代のノルウェー。
オーラブは麻薬王おかかえの殺し屋だ。
自分は何の取り柄もないので殺し屋をやっているという。

ある日ボスから自分の妻を殺すように命じられる。
妻が浮気をしているからだった。

オーラブはいつものようにターゲットを事前に調べにいったところ、ボスの妻の美しさに魅せられてしまう。

一方で、オーラブは気になっている女がいた。
以前に恋人から暴力を受けている現場に出くわし、彼女を助けたのだった。
彼女は耳が不自由で、スーパーのレジ係の仕事をしている。
オーラブはときおりそのス―パーで買い物をしたり、遠くからそっとレジを撃つ姿を見つめたりしていた。

オーラブはボスの妻を殺すことができず、妻の浮気相手を殺して、ふたりでにげることにした。
だが、妻の浮気相手はなんと、ボスが前の妻との間にもうけた息子だった。

◇ ◇ ◇

全体的に詩的な描写が多く、スタイリッシュなムード満点のストーリーです。
どこまでが現実なのか? と思わせるところもあります。

主人公が殺し屋でハッピーエンドでは終わらないところが、すきっとした辛口に仕上がっています。

オーラブは何の取り柄もないので殺し屋以外の職業に就けないと自分で言っているのですが、結構いろいろ頭を使って行動しているんですよね。
だから、ほかの仕事についても通用するんじゃないかと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

61時間 [海外翻訳]


61時間(上) (講談社文庫)

61時間(上) (講談社文庫)

  • 作者: リー・チャイルド
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/07/15
  • メディア: 文庫



61時間(下) (講談社文庫)

61時間(下) (講談社文庫)

  • 作者: リー・チャイルド
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/07/15
  • メディア: 文庫



元軍人ジャック・リーチャー・シリーズです。
今回リーチャーはアメリカ中西部で、ヒッチハイクではなくバスツアーに同乗させてもらっていた。

季節は冬。
リーチャーたちを載せたバスが突っ込んできた乗用車を避けようとして横転してしまう。

豪雪のため身動きがとれず、リーチャーは最寄りの町ボルトンに乗客たちと共に数日滞在することになった。

そのボルトンではひとりの老女が自宅で警察に守られていた。
彼女はある犯罪組織のボスを目撃した証人だった。

だが、近くに刑務所があり、そこで問題が発生すると、ボルトンの警官はすべて刑務所に応援にいかなければならないきまりがあった。
近々、刑務所で暴動が起きるという噂があり、護衛の警官がいなくなった間に証人を消そうとする動きがあった。
そこでリーチャーはボルトン警察の手伝いをすることになり・・・・・・。

◇ ◇ ◇

前半は証人の安否、後半はボルトンの町にある謎の施設について語られている二段構造になっています。

リーチャーシリーズのおもしろさは、ジャックの強さ、頭の良さもさることながら、水戸黄門や浅見光彦シリーズにあるような、やってきた見知らぬ人間は一見うさんくさいけど、実はすごい人なのね、頼りになるのね、と周囲が思うところにあるのではないでしょうか。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ゼロ以下の死 [海外翻訳]


ゼロ以下の死 (講談社文庫)

ゼロ以下の死 (講談社文庫)

  • 作者: シー.ジェイ・ボックス
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/11/13
  • メディア: 文庫



ジョー・ピケットはワイオミング州の猟区管理官。
妻とふたりの娘と暮らしているが、以前にエイプリルという娘も養女にしていた。

エイプリルは6年前に悲劇的な大事件で死んだはずだったが、ある日長女のシェリダンのところへエイプリルからメッセージが届く。
エイプリルと名乗る少女は家族しかしらないような細かなことまで知っていて、ジョーの家族を驚かせる。

メッセージを送ってきた少女は居場所を転々としているようで、少女の居場所をたどると、凶悪な殺人事件が起こっている場所と一致した。

少女が殺人犯と行動を共にしているかもしれないと思ったジョーは、シェリダンと共にエイプリルを探しにいくのだった。

エイプリルと名乗る少女は、父と息子の二人組と行動を共にしていた。
父親のほうは地元で有名なギャングのボスで、息子のほうは環境問題を扱う過激派だった。
父親は癌を患い余命いくばくもなく、最後の力を振り絞って正しいことをしようとしていた。
その正しいこととは、息子が環境によくないことをしていると判断した人間を殺すことだった。

途中で頼もしい助っ人の鷹匠ネイト・ロマノウスキも加わってエイプリルを助けにいくのだった。

◇ ◇ ◇

犯人は環境に有害だと判断した人間を殺していくのですが、そんなことをしても無意味ですし、本末転倒ですよね。
中絶反対を唱えて、中絶している病院を爆破する人たちと同じです。
動物を守ろうとする一方で、人間を傷つけたりする人も同じだと思います。

テレビドラマを見ていると都会を舞台にしたものが多いですが、アメリカの本来の姿はジョーが活躍しているような広大な大地かもしれません。

リー・チャイルドが描くジャック・リーチャーが訪れるところも、アメリカの真ん中あたりの小さな町です。
そういうところをドラマで描くのはお金がかかるのでしょう。
小説で楽しむしかないのかもしれません。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ミスター・メルセデス [海外翻訳]


ミスター・メルセデス 上

ミスター・メルセデス 上

  • 作者: スティーヴン・キング
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/08/22
  • メディア: 単行本



ミスター・メルセデス 下

ミスター・メルセデス 下

  • 作者: スティーヴン・キング
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/08/22
  • メディア: 単行本



ある朝、就職フェアが開催される会場の前に、失業中の人々の長い列ができていた。
そこへメルセデス・ベンツが猛スピードで突っ込んできては去っていき、多数の死者がでた。

一方、半年前に刑事を退職したホッジスは離婚も経験し、悶々とした生活を送っていた。
何もする気力がなく、ピストルを手にしては自殺を考える毎日だった。

そんなホッジスのところへメルセデス・キラーから手紙が届く。
役立たずなんだからさっさと自殺してしまえというような内容だった。
まるでホッジスのことを見ているかのようだった。

それもそのはず、メルセデス・キラーはアイスクリームの移動販売をしていて、ホッジスの近所を回っていた。

やがてホッジスは犯人の意図とは裏腹に気力が蘇り、ミスター・メルセデスを捕まえようと奔走するのだった。

◇ ◇ ◇

へえ―、キングが普通のミステリーを書くんだ! と驚かれたかたも多いのでは。

キングといえばホラーとか、SFぽい小説の巨匠ですものね。

しかし、さすがキング、ミステリーもお手の物。
上に書いたあらすじはほんの一部で、かなり複雑な構成になっています。

メートルのような激辛ミステリーではなく、中辛くらいのほどよいミステリーに仕上がっています。

ホッジスが登場する話は三部作で、アメリカではすでに完結しているらしいです。

高齢化社会が進む中、中高年が活躍する話が最近多くなった気がします。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

最後の晩餐の暗号 [海外翻訳]


最後の晩餐の暗号

最後の晩餐の暗号

  • 作者: ハビエル・シエラ
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2015/03/15
  • メディア: 単行本



舞台は15世紀のミラノ。
ミラノ大公の妻が若くして謎の死をとげる。

一方、そのミラノの<予言者>と名のる人物からローマ教会に、ミラノで陰謀が企てられていることをほのめかした暗号化された手紙が届く。
そこでローマ教皇庁は、異端審問官アゴスティーノ神父をミラノに派遣して秘密裏に調査させることにした。

おりしもミラノでは、レオナルド・ダ・ヴィンチがミラノ大公の依頼を受けて、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院で『最後の晩餐』を作成中だった。

アゴスティーノ神父がサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院に滞在し調べを進めると、修道院の図書館司書の死を皮切り事件が勃発する。

アゴスティーノ神父は『最後の晩餐』の絵の中に謎を解く鍵があるのではないかと思い、密かにダ・ヴィンチの作業を観察するのだった。

◇ ◇ ◇

西洋史や美術史に私は割合知識があるほうだと思うのですが、そういう私でも読み進めていくのに少々苦労しました。
苦労しつつ読んでいけばなかなかおもしろいのですが。
どうしてもダン・ブラウンと比べてしまいますが、ダン・ブラウンより中身が濃厚なので抵抗が少しあったのかもしれません。
ハビエル・シエラはそういう特徴があるのだと思います。

何にせよ、そんなに謎だらけならば、死ぬ前に『最後の晩餐』は見たいものです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

霜の降りる前に [海外翻訳]


霜の降りる前に〈上〉 (創元推理文庫)

霜の降りる前に〈上〉 (創元推理文庫)

  • 作者: ヘニング・マンケル
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2016/01/21
  • メディア: 文庫



霜の降りる前に〈下〉 (創元推理文庫)

霜の降りる前に〈下〉 (創元推理文庫)

  • 作者: ヘニング・マンケル
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2016/01/21
  • メディア: 文庫



クルト・ヴァランダーは、スウェーデンミステリーの大御所ヘニング・マンケルの描く刑事。
今回は娘のリンダが活躍します。

リンダも父と同じように警官になります。
警察学校を修了し、警察署に配属するまで、少し暇になったリンダ。

そんな折、親友のアンナが行方不明になる。
アンナは医者になるため勉強をしていたが、大学のほうにも姿を見せていない。

リンダはアンナの行方を捜そうとする。
アンナのアパートメントにはいって日記を読むと、子供の頃行方不明になった父親が関係していると思われた。

アンナの実家に行って母親にも会うが、母親はアンナはよくいなくなってまたすぐに帰ってくると言って、リンダの心配を取り合ってくれない。
さらにアンナは嘘をつくことがあるとも言う。

日記に出てきた森林地帯に行ってみたところ、リンダはそこで何者かに襲われる。

一方、その近くの山の中で女性の惨殺死体が見つかり、ヴァランダーが捜査を担当することになった。

◇ ◇ ◇

宗教がからんだミステリーです。
随分前にアフリカでキリスト教の一派が集団しましたが、それを踏まえた内容になっています。

相変わらず北欧ミステリーはおもしろいなと感じましたが、女性がなぜ惨殺されなければならなかったのかがいまいちわかりませんでした。

お父さんのほうのヴァランダーは娘からあまり好かれていないようですが、今後はふたりで事件を解決してもらいたいものです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ラブラバ [海外翻訳]


ラブラバ (ハヤカワ・ミステリ文庫)

ラブラバ (ハヤカワ・ミステリ文庫)

  • 作者: エルモア レナード
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 1988/04
  • メディア: 文庫





元シークレットサービスのラブラバは、今はマイアミでカメラマンをしている。

ある日、ラブラバのところへホテルのオーナーで友人のモーリスから、ある女性の写真を撮ってほしいので一緒に来てくれと頼まれる。
モーリスと一緒に訪れたのはとある施設だった。

モーリスが女を迎えに行きラブラバが事務室で待っていると、あとからやってきた男が施設の職員たちを脅しはじめる。
その男も知り合いの女を無理矢理連れて帰ろうとしていて、それを職員が拒んでいたのだ。
ラブラバは機転を利かせてその男をやっつける。

そうこうしているうちにモーリスが女を連れて戻ってくるのだが、のちにその女はかつての映画スター、ジーン・ショウだとわかる。
ラブラバは少年のときに彼女にあこがれていた。
モーリスと女は古い友人だったのだ。

やがてジーン・ショウは60万ドルをゆする脅迫状を受け取る。
ラブラバはそれが映画のストーリーに似ていると感じるのだった。

◇ ◇ ◇

このストーリーは40年代のフィルム・ノワールのオマージュなんだそうです。

ヒロインも往年の銀幕女優ということで、ノスタルジーなムード満載です。

舞台もマイアミですし、読んでいるとアンニュイな美しいシーンがところどころ出てきます。

悪党ふたりのシーンは少し気持ち悪いところもありますが。

ですので、緻密なミステリーを楽しむという作品ではなく、昔の雰囲気を楽しめばいいのかなと思いました。

ネイティブにしかわからない言葉遊びもちりばめられているのですが、その辺はくみ取るのが難しいですね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

剣より強し クリフトン年代記 第5部 [海外翻訳]


剣より強し(上): クリフトン年代記 第5部 (新潮文庫)

剣より強し(上): クリフトン年代記 第5部 (新潮文庫)

  • 作者: ジェフリー アーチャー
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/06/26
  • メディア: 文庫



剣より強し(下): クリフトン年代記 第5部 (新潮文庫)

剣より強し(下): クリフトン年代記 第5部 (新潮文庫)

  • 作者: ジェフリー アーチャー
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/06/26
  • メディア: 文庫



主人公ハリー・クリフトンとその家族にまつわる物語の第五弾です。

ハリーは人気ミステリ作家、妻のエマはバリントン海運の会長、息子のセバスチャンは有名銀行で才能を発揮し、ハリーの親友でエマの兄のジャイルズは政治家。

宿敵はジャイルズの元妻レディ・ヴァージニア、フィッシャー少佐、武器商人マルティネス、ファージング銀行不動産部のスローン。

バリントン海運の豪華客船バッキンガムの処女公開中にマルティネスによって爆弾がしかけられ、危機一髪で難を逃れたハリーとエマ。

その後、ハリーは、スターリンの伝記を発行してソビエト当局に捕まっていたアナートリイ・ババコフを救い出そうと、ソビエトへ向かう。
しかし、ソビエト当局に捕まって裁判を受けることになるが・・・・・・。

◇ ◇ ◇

このシリーズは、読み終えたあと新作を結局1年以上待つことになるのですが、その間に前の状況を忘れてしまうんですよね。

かなり大がかりで細かい設定なので、覚えていたほうがおもしろいと思うんですよ。

だから、シリーズが完結してから一気に読んだほうがもっとのめり込めるでしょう。

でも、次がもう出ているので、第6部ですが、読んでしまうと思います。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

最重要容疑者 [海外翻訳]


最重要容疑者(上) (講談社文庫)

最重要容疑者(上) (講談社文庫)

  • 作者: リー・チャイルド
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2014/09/12
  • メディア: 文庫



最重要容疑者(下) (講談社文庫)

最重要容疑者(下) (講談社文庫)

  • 作者: リー・チャイルド
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2014/09/12
  • メディア: 文庫



元軍人(憲兵)のジャック・リーチャーは、いつものようにアメリカの大地を放浪していた。

ネブラスカでヴァージニアに向かおうとヒッチハイクをした。
リーチャーは身長195センチと大男なので、なかなか車に乗せてもらえない。
だが、ようやくある車に乗せてもらえた。

車に乗っていたのは男ふたりと女ひとり。
三人ともユニフォームらしきものを着ていて同僚だという。

しかし、観察力の鋭いリーチャーからしてみると、そのうちの女性の様子が妙におかしかった。
しきりにリーチャーに合図を送っているように見えた。
やがてふたりの男は犯罪者で、女は人質だとわかる。

◇ ◇ ◇

女は単なる人質かと思いきや、実はもうひとひねりあります。
リーチャーは今回も事件に巻き込まれて、相変わらずその事件を解決していきます。

リー・チャイルドの小説を読むたび、アメリカは広大だなと思い知らされます。
NYやLAとはまったく違う、延々と荒野が続く大地が舞台になることが多いです。
リーチャーがヒッチハイクをするのはそんな大地のど真ん中がです。
そしてのんびりとした保安官と保安官助手が登場するんですよね。

リー・チャイルドが描くような土地がアメリカらしい土地で、トランプさんの支持者が多くいる場所なんでしょう。
でも、リー・チャイルドはイギリス人というところがおもしろいです。
よその国の人間のほうがイメージを伝えやすいのかもしれません。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: