So-net無料ブログ作成
検索選択

過去ある女 プレイバック [海外翻訳]


過去ある女 プレイバック (小学館文庫)

過去ある女 プレイバック (小学館文庫)

  • 作者: レイモンド チャンドラー
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2014/04/08
  • メディア: 文庫



アメリカからカナダに向かう列車の中で、妙齢の美女が困っていた。
国境を越える際の手続きで、あまり触れてほしくない事柄があるようだった。

そこへ、国境を越える手続きに慣れたふうの男が助け船を出す。
無事にカナダに着いた女は男が紹介したホテルに泊まることにする。

男は他人を食い物にして生きているようなジゴロだった。

その日の夜、ホテルのオーナーのペントハウスでパーティが催され、ふたりとも出席する。

深夜、女が目を覚ますと、部屋のソファーに昨夜の男が死んで横たわっているのに気づく。
女は逃げようとするが、ホテルのエレベーターの中でオーナーに会い、事件を打ち明けるのだった。

◇ ◇ ◇

レイモンド・チャンドラーによる映画のシナリオです。
なので、普通の小説とはちがい、脚本の形になっています。

一昔前の作品というのは、現代の作家が書いたものと比べると、細部の説明が省略されていたりするんですよね。
なので、女の過去というのもいまいちはっきりしてないところがあります。

しかし、とても雰囲気があって、往年のノワールの味を堪能できると思います。

どうして部屋に死体があったのか、というトリックの謎解きもあったのが、チャンドラーにしては意外でした。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: