So-net無料ブログ作成
検索選択

アメリカ文学のレッスン [和書]


アメリカ文学のレッスン (講談社現代新書)

アメリカ文学のレッスン (講談社現代新書)

  • 作者: 柴田 元幸
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2000/05/19
  • メディア: 新書



自分は英文科卒ではないので、英文学をきちんと学んだことがなかったため買ってみました。

具体的には、柴田元幸先生の読書会に知り合いが申し込んだのですが、体調をくずして私がピンチヒッターで参加したときに買った本です。

柴田先生は東京大学の教授をされていたかたで、翻訳者としても有名です。
私のまわりににはなぜか柴田先生のおっかけが多いんです。
読書会に参加したのをきっかけに柴田先生の別のイベントに行ったところ、職場の元上司が偶然来ていてびっくりしたこともありました。

本書は現代のアメリカ文学を、「名前」「食べる」「幽霊の正体」「破滅」「建てる」「組織」「愛の伝達」「勤労」「親子」「ラジオ」という切り口から、柴田先生が説明しています。

『ハックルベリー・フィンの冒険』とか『グレート・ギャッツビー』とか読んだことのある本から、まったく聞いたことのない作家、著書まで、おもしろく解説されています。

こういう本を少しずつ参考にして、英文学を勉強したいと思います。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 2

ミシェル・デマルケ

英文学をちゃんと学んでみたいなんてステキです。
「それがあたしのライフワークよ」みたいに言える
まで夢中になるんだったら、まさに「生きがい」です
よね。
人生が何倍にも楽しくなりそうです。

by ミシェル・デマルケ (2015-12-22 20:31) 

美月

>ミシェルさん

学生のときは、文学なんて改めて勉強するもんじゃない、とか勝手に思っていたのですが、大人になると勉強したくなるんですよね。

昔買ってもらった世界文学全集も、全部は読んでいないので、まずはそこからでしょうか。
by 美月 (2015-12-24 13:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0